ホーム > メディア情報一覧 > 日テレ「真相報道 バンキシャ!」にコメンテーターとして生出演。

メディア情報

日テレ「真相報道 バンキシャ!」にコメンテーターとして生出演。
2009.04.07

2009年4月5日(日)、日本テレビ「真相報道 バンキシャ!」(毎週日曜放送:18:00〜18:55)に、吉田潤喜がコメンテーターとして生出演した。

番組は、福澤朗(株式会社 イーストプロダクション所属)、菊川怜(株式会社オスカープロモーション)がメインキャスターを務め、すでに打ち上げられた後だが「北朝鮮のミサイル発射問題」をメインに取り上げ、VTRの中では2度も繰り返された「誤探知」についてクローズアップされた。

今回は「北朝鮮のミサイル発射問題」「老人ホーム問題」について、吉田潤喜はアメリカ側の見方を示し、同番組「ご意見バン!」の河上和雄も自らのの考えをコメントした。

■日本テレビ系番組「真相報道 バンキシャ!」オフィシャルサイト



○取材レポート○

駐車場に到着した吉田会長は、「バンキシャ!」の出演が3回目なのかいつもとは違い、少しリラックスモードでした。それでも、控え室に入るとコメンテータとしての顔になり、今日までの新しい情報を確認しながらスタジオに入るまで打ち合わせを繰り返していました。

今回のメインテーマ「北朝鮮のミサイル発射問題」については、2度も繰り返された「誤探知」という、しかも機械では無く人的ミスのために、各関係機関の「不信」を買い、各メディアが速報・番組を中断して臨時ニュースを放送したり、この情報をいち早く知りたい国民をも巻き込み、日本中がこの「誤報」に振り回されたことでしょう。

長いVTRからスタジオ受け、司会の福澤朗さんが防衛省、官邸、国連本部前中継とのやりとりから始まり、番組は進行していきました。

スタジオの中といえば、生放送のためもちろん番組スタッフの方は目まぐるしく動いていますが、私たち「付き添い」はVTRが長いせいか、スタジオ受け以外は近くの人と話したり「私はこう思う」などと、終始和やかな雰囲気なのです。

今回実は、吉田会長はファミリーでの来日だったため、妻のリンダさんもスタジオを見に来ていたんです。そのため、今回はアメリカに滞在経験のある私が時折通訳をさせていただきました。帰国後ほとんど英語を使ってこなかった私ですが、色々と説明したり、会話したりなどと、皆さんが首を傾げなかったので問題なかったようでホッとしました。日本語があまり分からないリンダさんに収録の感想を聞くと「番組で話している内容は日本語で分からないけど、いつも収録後の映像を見ているだけなので、ライブで見れてとても楽しかった」(英語で・・・)と言っていました。

生放送終了後スタジオにて、吉田会長がリンダさんを福澤朗さんと菊川怜さんにご紹介。菊川さんはしっかりとした英語で会話されていました。(菊川さんって海外にいたことがあるのかな?)

出演者の方、番組スタッフのみなさんはいつも暖かく迎えてくれるので、嬉しいです。 「バンキシャ!」の皆様、ありがとうございました。(EF-T)

HOMEヨシダソース商品ラインナップレシピヨシダソースマップヨシダソース×・・・会社情報お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

「ヨシダソースオフィシャル」は、ヨシダソース(ヨシダグルメのたれ)のこだわりやレシピ集はもちろん、オンラインショップ、販売取扱店、創業者吉田潤喜のメディア出演情報、イベント情報、コラボ企画などを発信しています。