ホーム > イベント情報一覧 > 慶應義塾大学 大学院経営管理研究科特別講演にて吉田潤喜が熱く語る

イベント情報

慶應義塾大学 大学院経営管理研究科特別講演にて吉田潤喜が熱く語る
2008.11.25

2008年11月21日(金)、慶應義塾大学 大学院経営管理研究科の学生が実社会との連携として主催する、各界著名人による「特別講演」に吉田潤喜が招かれた。

慶應義塾大学 大学院経営管理研究科、通称KBSは、国内初の2年制MBAコース(大学院修士課程)として1978年に発足、毎年約100名の経営学修士を送り出すなど、それぞれの時代に応じたビジネスリーダーの育成に努めている。

今回は「経営学」をキーワードに、吉田潤喜は自論である「出る杭打たれてなんぼやで!」を演目に、単身渡米してからヨシダフーズ設立までの過酷な実体験から得た、独自の「経営理論」を約2時間熱く語った。


○取材レポート○

久しぶりに東急東横線に乗り、日吉駅で降りました。会場となる慶應義塾大学の日吉キャンパスは何度か訪れたことがあるですが、十何年ぶり?本当に久しぶりです。想像していた通り、駅はきれいになっていて、改札を出て目に入ったのが慶応義塾大学キャンパス内の緩やかな坂道でした。私がビックリしたのは、その右側に新築のビルが建っていることでした。「これが協生館か〜」、今日の講演会場です。

吉田会長とマネージャーは、すでに控え室で教授と話しているとの事。足早に打ち合わせ場所に向かったところ、セキュリティードアの向こうに、青井教授と楽しそうに笑っているが見えました。「経営学」の講演とあって、もっと難しい顔をしているかと思っていたのですが・・・(笑)

講演会場に入るとすでに満員、みなさん笑顔で迎えてくれました。吉田会長は、今回招いてくれた学生に挨拶を終えると、講演が始まりました。今回は小規模のため、すぐ目の前にいる参加者と会話しながらの講演となり、吉田会長も参加者の真剣な眼差しに刺激されたのでしょう、いつもの冗談を交えながら「熱く」語っていました。(EF-T)

HOMEヨシダソース商品ラインナップレシピヨシダソースマップヨシダソース×・・・会社情報お問い合わせサイトマッププライバシーポリシー

「ヨシダソースオフィシャル」は、ヨシダソース(ヨシダグルメのたれ)のこだわりやレシピ集はもちろん、オンラインショップ、販売取扱店、創業者吉田潤喜のメディア出演情報、イベント情報、コラボ企画などを発信しています。